JA 116, Winter 2020発売となりました !

a+u 2013年9月臨時増刊 サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン 建築のヴィジョン 藤本壮介設計のサーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2013のファサード。

a+u 2013年9月臨時増刊

2,095 税込

在庫切れ

商品コード: 411309 商品カテゴリー:

112頁/219x292mm/A4変型/平綴じ

紙版

Content

英国の王立公園、ケンジントン・ガーデンに夏の間だけ姿を現すサーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン。設計者には、短い工期で公園の中に場をつくるという課題が課せられる。機能はカフェとレクチュア・スペースの2つのみ。このシンプルな条件だからこそ、設計者の思想や、理想とする建築のあり方が表れるのではないか。そうした期待を込めて、実現しなかった2004年も含めた、これまでの全作品を収録した。同じ敷地をプラット・フォームに、時を変え、設計者を変え、主題を変えながら、建築の転生が繰り返される世界に類を見ないこの試み。ザハ・ハディド氏による第1作目から藤本壮介氏による最新作まで、同スケールの図面と、彼らがパヴィリオンを通して実践したかったことを表す一文を作品に添えた。これまでの作品を総覧し、設計者のヴィジョンやこれからの建築を考えるヒントを読みとっていただければ幸甚である。

The Serpentine Pavilion makes an appearance every summer in the Kensington Gardens, one of London’s Royal Parks. The architects are required to create a temporary structure within a limited construction period. Since only a café and a lecture space are required by the brief, they are given ample freedom to express their ideas and ideals. All 14 projects, including the unrealized pavilion for 2004, are presented here to illustrate the rich variety of explorations.The array of architectural experiments by different architects on the same site provides a unique opportunity to gauge the ongoing transformations in architecture. From the first pavilion by Zaha Hadid to the latest one by Sou Fujimoto, the projects are presented with drawings of the same scale and a single phrase by each architect explaining the intent of the design.It is our hope that the reader could compare and understand the diverse visions of internationally active designers, and to further deduce ways of thinking about the future of architecture.

Cover: Serpentine Gallery Pavilion 2013

8サーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオンの始まり

10モデリングとスケッチによる時間軸

12配置ダイアグラムによる時間軸

14立断面図による時間軸(2000、2012年を除く)

16俯瞰による時間軸 (2000,2004,2005,2007,2008を除く)

2000〜2012年のパヴィリオン

20

ザハ・ハディド

|2000

24

ダニエル・リベスキンド

|2001

28

伊東豊雄+セシル・バルモンド

|2002

32

オスカー・ニーマイヤー

|2003

36

MVRDV

(実現せず)|2004

40

アルヴァロ・シザ+エドゥアルド・ソウト・デ・モウラ

|2005

44

レム・コールハース+セシル・バルモンド

|2006

48

オラファー・エリアソン+スノヘッタ

|2007

52

フランク・O. ゲーリー

|2008

56

SANAA

|2009

60

ジャン・ヌーヴェル

|2010

64

ピーター・ズントー

|2011

68

ヘルツォーグ・アンド・ド・ムロン+アイ・ウェイウェイ

|2012

2013年のパヴィリオン

74

藤本壮介

|2013

98パヴィリオンができるまで: 2013年の場合

100プロセス

102

エッセイ: 自然と人工物の関係を再定義する

藤本壮介

106

図面

112クレジット、データ

Tracing the past 14 years

8The beginning of the Serpentine Gallery Pavilions10Timeline by models and sketches12Timeline by diagrams of site plan14Timeline by elevations and sections (not including 2000 and 2012)

16Timeline by aerial view (not including 2000, 2004, 2005, 2007 and 2008)

Pavilions 2000–2012

20Zaha Hadid|2000

24Daniel Libeskind|2001

28

Toyo Ito + Cecil Balmond|2002

32Oscar Niemeyer|2003

36MVRDV (un-realised)|2004

40Alvaro Siza + Eduardo Souto de Moura|2005

44Rem Koolhaas + Cecil Balmond|2006

48Olafur Eliasson + Snøhetta|2007

52Frank O. Gehry|2008

56SANAA|2009

60

Jean Nouvel|2010

64Peter Zumthor|2011

68Herzog & de Meuron + Ai Weiwei|2012

Pavilion 2013

74Sou Fujimoto|2013

98From Conception to Completion: 2013

100Process

102Essay: Redefining the relationship of nature and the man-made

Sou Fujimoto

106Drawings

112Credits and Data

作品