住宅特集2019年6月号発売中です!

a+u 2012年1月号 オランダの建築 2000 ~ 2011 Architecture in the Netherlands 2000‐2011

a+u 2012年1月号

2,571 税込

在庫切れ

商品コード: 401201 商品カテゴリー:

日本語 + 英語/154頁/219x292mm/A4変型/平綴じ

紙版

Content

表紙: WAMアーキテクテン設計のインテル・ホテルズ・アムステルダム・ザーンダム。 撮影: ロエル・バッカート。

特集: オランダの建築 2000 ~ 2011

本号は、2000年から2011年までに、おもに完成したオランダの建築作品と、そ の約10年のオランダ建築界の動向を特集した。オランダ建築協会(NAi)会長、オ レ・ボウマンをゲスト・エディターに招き、ボウマン以下、クリス・ルース、マ ルテン・キュエイペルスら NAi 編集チームが収録作品の選出を行った。詳細に紹 介した 30 作品とともに、巻頭にリスト化しマップに記した作品は計 100 件に及ぶ。OMA、MVRDV に代表されるように、1980 年代以降、建築雑誌を賑わしていた のはオランダ建築だった。「プログラム主義」や「スパーダッチ」といった言葉が飛 び交い、新しい設計手法として注目され続けた。それは当時、建築を学ぶ学生や 若い建築家たちに、他に類を見ないほど大きな影響を与えたといえるのではない だろうか。さてこの 10 年はどうだったのか。 2011年夏、NAiを訪ねた。ロッテルダムのミュージアム・パークに位置するNAi の打合せスペースからは、工事中らしい高層ビルとクレーンが何本か確認できた。「あのビルたちが竣工すれば、しばらく新しいクレーンは立たないだろう。」オレ・ ボウマンは世界的な金融危機によるオランダ建築界の冷え込みについて述べた。 続けて「だから面白いことが起こっている」と。作品は3つのカテゴリー別に収録されている。感情や知性に訴えるタイプ、上質 で丈夫な建物たち、そして目的達成型だ。編集チームは 3 つ目を「有意の建築」と 呼び、都市運動家としての建築家像を描きだす。ヘンク・WJ・オヴィンクは彼の エッセイで、「そこには政治、開発、投資、教育との接続、提携が不可欠である」 と説く。建築家の役割とその可能性の拡大のために、オランダの建築家たちがま た新しい何かにとり組んでいるようだ。NAi 編集チームをはじめ、執筆陣、協力いただいたすべての建築家のみなさんに 感謝する。 (編)

オランダの地図2000~2011年のオランダ建築100作品

エッセイ: 岐路に立つオランダ建築
オレ・ボウマン

1. 情動の建築

WAM アーキテクテン
インテル・ホテルズ・アムステルダム・ザーンダム
クーン・ファン・フェルゼン
フロート・クリメンダール・リハビリテーション・クリニック
ヘェルスト・アンド・シュルツェ・アーキテクテン
ル・ミディ
メイヤー・エン・ファン・ショーテン・アーキテクツ
ラ・グラン・クール
ノイトリングス・リーダイク・アーキテクテン
オランダ視聴覚研究所
ディック・ファン・ガメレン・アンド・ビヤルヌ・マステンブルック
在エチオピア・オランダ大使館
ONL
ヘッシング・コックピット
リスベス・ファン・デル・ポール、ドック・アーキテクテン
WKK エネルギー・プラント
ソータース・ファン・エルドク・アルキテクテン
レリンヒュージ城
ヴィール・アレッツ
ユトレヒト大学図書館
OMA
スーテラン・トラム・トンネル
NL アーキテクツ
バスケットバー
ロブ・クリエ・クリストフ・コール・アーキテクテン
デ・レジデント
MVRDV
ハーゲンエイランド

エッセイ: 建築教育: デルフトの展望
カリン・ラグラス、ディック・ファン・ガメレン

2. 自律の建築

ビック・スタッドソンウェルプ
ニックフラッツ
アトリエ・ケンプ・ティル
ヒップハウス
キューネ・アンド・カンパニー
ボームガールドス通りの事務所と建築家の自邸
セペゼッド・アーキテクツ
ウエストラーフェン
クラウス・エン・カーン
エイブルグのオフィス
ラップ・アンド・ラップ
イペンブルグ・センター
デ・ナイル
オスドルプ・パークランド

エッセイ: 変化のためのデザインとポリティックス
ヘンク・WJ・オヴィンク

3. 有意の建築

ドーペル・ストライカース・アーキテクツ
リサイクル・オフィス ─ HAKA ビルディング
コンクリート
シティズンM ホテル
ゾーンズ・アーバンズ・センシブルズ
スヒーブロック
ピ・デ・ブルーイン、デ・アーキテクテン・シー
ロームベーク復興計画
スタディオ・マルコ・フェルミューレン
4つ葉のクローバー

アーキテクテンビューロー・マルリース・ロメール

デ・マトリックス・コミュニティ・スクール

フルショフ・アーキテクテン

ウォリスブロック

ダイナモ・アーキテクテン

NDSM スタディオ・シティ

2012 アーキテクテン

ヴィラ・ウェルペロ

クレジット・データ/プロフィル

作品