新建築 2020年6月号発売となりました !

a+u 2007年1月号 MVRDV FILES 2 Project 069-349 MVRDV FILES 2 Project 069-349

a+u 2007年1月号

2,933 税込

在庫切れ

商品コード: 400701 商品カテゴリー:
特別定価

日本語 + 英語/167頁/219x292mm/A4変型/平綴じ

電子版

Content

特集: MVRDV FILES 2Project 069–349

表紙: MVRDV設計、エディフィシオ・ミラドール。 撮影: ローランド・ハルベ。

特集: MVRDV FILES 2Project 069–349

1月号は『a+u』が2002年に刊行した『MVRDV FILES Projects 002–209』(2002年11月臨時増刊)の続編である。建築デザイン、プロトタイプ、都市問題から見る建築のリサーチ、といった観点に同時に焦点をあてることで、最も刺激的で魅力的なオフィスの1つであるMVRDVの驚くべき進化を明らかにしている。紹介されるファイルは書籍『 KM3: Excursions on Capacities』(Actar、2005年)と対を成している。『KM3』が新たなアーバニズムの最前線を反映し、理論的な枠組にかたちを与える一方で、『MVRDV FILES』は、生々しい現実を隠すことなく、プロジェクトとそれをとりまく環境について年代順に追っている。MVRDVを率いる3人へのインタヴューでは、3つのトピックがとり上げられた。このインタヴューが、読者をMVRDVの体系、確信、オプティミズムへと接近させるであろう。私たちは2002年の言葉を繰り返すことができるだろう。MVRDVの驚くべきモノグラフと同じく印象的な声明: 彼らは現時点までに実際に何を構想してきたのだろうか。彼らは未来に何をもたらすのだろうか。彼らのプロジェクトを年代順に提示することで彼らは理解を得られるだろうか。

エフェナール(069)
パティオ・アイランド(071P)
水上ヴィラの計画(071V)
パジャマ・ガーデン(075)
ロイド・ホテル(085)
パークランド・ビルディング(098)
ウンターフェリングのオフィス・パーク(122)
ジェミニ(双子座)・レジデンス(129)

インタヴュー──パート1: 事務所と独自性
まつだい文化村センター(147)
エディフィシオ・ミラドール(178)
バーコード・ハウス(201)
傾斜地に建つ家(208)
本の山(230)
ブヨルヴィカ・バーコード・ウォーターフロント(236)
フォーラム・レ・アールの都市計画(243)

インタヴュー──パート2: デザインによる調査
カーサ・デ・ヒストリア──ガリシア地方歴史博物館(248)
NYC2012のオリンピック・ヴィレッジ都市計画(252)
サーペンタイン・ギャラリーのサマー・パヴィリオン(255)
マーケット・ホールとアパートメント・ビル(261)
欧州特許局(263)
フレデホフプレイン(269)
龍潭(ロンタン)
公園(270)
ル・モノリス──マスタープラン、5人の建築家による集合住宅(274)
アムステルダム癌センターのファサード・デザイン(276)
トーレ・ウェルタ(菜園の塔) (285)
スワール(295)
アニャン・ピーク(303)
プサン・シネマ・コンプレックス(305)

インタヴュー──パート3: 空間を変えるもの
テダ・タウン(313)
イスタンブール湖岸地区開発(322)
スカイ・ヴィレッジ(323)
サンパオロIMI銀行(327)
ドームズ(328)
モンテルーチェ(334)
ログロニョのキューブ群(348)
ビルボードビルディング(349)

作品クレジットとデータ
事務所経歴
インフォメーション

展覧会レヴュー: オン・ザ・カッティング・エッジ(H_edge)
エリック・エリングセン

連載: ランドスケープ・アーキテクチュアとアーバン・デザインの新しい関係──第8回生活の質にかかわるランドスケープ・デザイン: マーサ・シュワルツ・アンド・パートナーズ
ルーシー・バリヴァント