a+u 2020年10月号発売となりました !

a+u 2001年6月号 ピクチュアリング・ザ・ホーム Picturing the Home

a+u 2001年6月号

2,933 税込

在庫切れ

商品コード: 400106 商品カテゴリー:
特別定価

日本語 + 英語/130頁/219x292mm/A4変型/平綴じ

電子版

Content

表紙: アンドレア・パラディオ設計、ヴィラ・カプラ(ロトンダ) 撮影: ロベルト・シェッツェン/ESTO

特集: ピクチュアリング・ザ・ホーム

カレンツ:
リベスキンドの世界とジョン・ソーンの世界
ニューヨーク近代美術館クィーンズ館計画

連載: ミレニアムの建築論と建築教育──第一部「理論のあり方についての省察」
マイケル・ヘイズ

特集: ピクチュアリング・ザ・ホーム

グラス・ハウス: フィリップ・ジョンソン
シー・ランチ・コンドミニアム: チャールズ・ムーア
落水荘: フランク・ロイド・ライト
ヴィラ・カプラ(ロトンダ): アンドレア・パラディオ
中野本町の家: 伊東豊雄
ルーディン邸: ヘルツォーグ・アンド・ド・ムロン
スキナー邸: ロバート・スキナー
捕鯨のための漁師小屋 ムーラッツァロの実験住宅: アルヴァ・アアルト
中塚ハウス: 原広司
コートマン邸: ハインツ・ビーネフェルト
サヴォア邸: ル・コルビュジエ
サラバイ邸: ル・コルビュジエ
オランダの家: レム・コールハース(OMA)
フィンランド大統領官邸: ライリ・アンド・レイマ・ピエティラ
メビウス・ハウス: ベン・ファン・ベルケル & ボス
キンドルフ邸: ポール・ブレッツ・アーキテクツ
ヒル・ハウス: チャールズ・レニー・マッキントッシュ
コーマン邸: ルイス・I・カーン
シンドラー邸: ルドルフ・シンドラー
韮崎みなむらの家: 中澤光啓
ウィークエンド・ハウス: 西沢立衛
玄海の週末住宅: 塩塚隆生
結晶の色: 高崎正治
ゲーリィ自邸: フランク・O・ゲーリィ
ローベルク通りの住宅: シューリンク建築事務所
フリッツ・ハンセンのチェア: アルネ・ヤコブセン
M邸: ステファン・ビール
光のインスタレーション「フリッカー」: ザイフェルト・アンド・シュトゥクマン
シャルロッテンホーフ: カール・フリードリッヒ・シンケル
プラハのミュラー邸: アドルフ・ロース
グリュッケルト邸: ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒ
ヘットガー邸: ベルンハルト・ヘットガー
マジョリカ・ハウス: オットー・ワグナー
ロビー邸: フランク・ロイド・ライト
ハウス・ラルハー: マルガリート・ホイバッハー
ラ・クロータの住宅改築: E・ミラーリェス+B・タグリアブエ
ラス・マタスの住宅: I・ヴィセンス & J・A・ラモス
自邸 Can Lis: ヨーン・ウッツォン
シェイカーの家の造り付け家具
ラ・クロータの住宅改築: E・ミラーリェス+B・タグリアブエ
アーツ・アンド・クラフツ運動の家: チャールズ・F・A・ヴォイジィ
ストーン・ハウス/ルーディン邸/プライウッド・ハウス/ブルー・ハウス: ヘルツォーグ・アンド・ド・ムロン
ヒーリィ・ゲストハウス: ポール・ルドルフ
住宅の増築: ブルック&ヴェッケーレ
テーゲル・ハウジング: ジョン・ヘイダック
結婚記念塔: ヨーゼフ・マリア・オルブリッヒ
自邸 Can Lis: ヨーン・ウッツォン
ヒル・ハウス: チャールズ・レニー・マッキントッシュ
カサ・ミラ: アントニオ・ガウディ
オルタ自邸: ヴィクトール・オルタ
ギャンブル邸: グリーン & グリーン
漁師のための集合住宅: ローリー・ベイカー
マラパルテ邸: アダルベルト・リベラ
幾何学模様: ジオ・ポンティ
プランチャルト邸: ジオ・ポンティ
デルクン邸: ハインツ・ビーネフェルト
リッツォニコ・ハウス: リヴィオ・ヴァッキーニ
ヴィトゲンシュタイン邸: ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン
ラ・クンジュンタ──彫刻の家: ピーター・マークリ
イームズ自邸: チャールズ・イームズ
隣り合う二棟の住宅建築: ギゴン・アンド・ゴヤー
ボルドーの家/ヴィラ・ダラヴァ: レム・コールハース (OMA)
ガイセル通り55番地: b&k+b, m
ボルドーの家: レム・コールハース(OMA)
住宅の増築: ブルック & ヴェッケーレ
デッキ・ハウス: ジョン・ヤング
チェア: ポール・ケアホルム
バルボーニ邸: カルロ・スカルパ
チェア: ヴィコ・マジストレッティ
デ・ブラス邸: アルベルト・カンポ・バエザ
サントリニ島の住宅/カッパドキアの住宅/オスロの家博物館/ベルギーの住宅
ファンタジアの家: 八島正年

連載第3回: 建築のアリバイ探し「斜面/記念性」
IOM/石堂威

連載第1回: ビルディング・シンク・タンク「バイオスクリーヴ・ハウス」
アンドリュー・マックネア