a+u 2020年10月号発売となりました !

98WINEs Terroir 地域に開かれたワイナリー 設計 S PLUS ONE/坂野由美子
施工 伝匠舍 石川工務所

新建築 2020年7月号
撮影 : 藤井浩司(Nacasa & PartnersInc) / 新建築 2020年7月号

南向きに山裾が広がる傾斜地に建つワイナリー.農林水産省の農泊推進対策の補助金を受けて整備され,地区の農泊施設と連携を行う.醸造室のある「鉄の棟」(左),敷地の高低差を生かして一部地面に埋まる樽貯蔵庫「石の棟」(右下),店舗と公民館機能を持つ「木の棟」(右上)からなる.鉄の棟,石の棟は,葡萄の搬入→醸造→貯蔵のプロセスにおいて南向きであること,製造プロセスとグラビティフロー(敷地の高低差を活かし重力に逆らわずにワインを醸造する手法)を合わせることが重要となるため,方位と既存の敷地の高低差を手掛かりに建物配置が検討された.