a+u 2020年11月号発売となりました !

鯖江の住宅 設計:水上哲也建築設計事務所
施工:水上建設
House in Sabae Tetsuya Mizukami Architects Fukui, Japan  2014

住宅特集 2016年3月号 平屋の理由──1枚の床が広げる多様性 One-story House
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2016年3月号

南側に広がる畑の奥に建つ平屋。水害や周辺からの視線を考え、地面から1m上げた高い床を設定し、900mm間隔で並ぶ架構に合わせた開口部が等間隔に並ぶ。リビングには寸法90×210mm、個室には90×120mmの材2本を組み合わせた梁が架かり、空間の大きさと架構や開口部を対応させて静けさと広がりのある空間をつくり出している。