a+u 2020年10月号発売となりました !

靄靄コヤ 設計: 平野正典 名和研二
施工: 三協建設
Aiai Koya Masanori Hirano Kenji Nawa Shizuoka, Japan 2011

住宅特集 2011年10月号 Wood Structure
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2011年10月号

既存の物置小屋を解体し、子世帯が移り住むための計画。ヴォリュームと配置は母屋との関係から導かれている。建物は異形部材で組んだ木フレームを、不等ピッチで連ねている。柱のピッチは、リビングのRC壁や外皮のガルバリウム鋼板の働き寸法から、650、500、400、250mmの組み合わせとしている。また柱にかかる荷重から、柱幅55mmは同一として材成を180〜270mmの異なる4種類から構成している。