新建築 2020年11月号発売となりました !

陶器まつりのある家 設計:吉永規夫/Office for Environment Architecture
施工:水上建設
House for Pottery Festival Norio Yoshinaga / Office for Environment Architecture Osaka, Japan 2013

住宅特集 2015年10月号 職住一体——広い関係性の中で生きること Complex
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2015年10月号

陶芸家のアトリエ兼住宅。駅前のロータリーから続く道路の軸線上にある旗竿敷地に建つ。3階建てのスキップフロアで、全フロアに東西に視線が通るように開口部を開けている。入口の吹抜けの最高高さは9, 600mm。構造壁に棚板160枚を挿入して幅380mm、高さ380mmの棚が設えられている。