住宅特集 2020年3月号発売となりました !

貝沢の家 設計:藤野高志/生物建築舎
施工:建築舎四季
House in Kaizawa Takashi Fujino / Ikimono Architects Tokyo, Japan  2015

住宅特集 2016年2月号 リノベーションの時代──新しい価値を創造する27のアイデア Renovation
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2016年2月号

築38年の藤野氏の実家を、設計に8年、施工に1年半をかけて改修した。屋根の中央部分、その下の2階および1階床を撤去して、屋根をペアガラスのトップライト、床を真砂土舗装としている。改修することで過去と現在を連続した状態とし、これからも手を加えていきながら住み続けていく。その連続性を示す表現として、古材と新材を同等に扱いグラデーションに塗装したり、布やペンキ、ベニヤなどを仕上げ材に用いて、手を加えやすい状態をつくり出している。