住宅特集 2020年10月号発売となりました !

繭 新町の家 設計: 徳井正樹建築研究室
施工: 津久井工務店

住宅特集 2003年7月号 住むための技術・素材編
撮影 : 小林浩志 / 住宅特集 2003年7月号

立面は繭からかたどった白い曲面と矩形を対比させ, 屋根は左右非対称の桑の葉から引用. 曲面の外壁は, 繭表面に浮かび上がる絹糸の光を再現すべくガラス片入りの漆喰塗りで, 直射日光によって曲面の一点がキラッと光る. 敷地は北側接道で, 南には市営団地が隣接するため, プライバシーを確保すべく外部は閉じた構成で, 3つの光庭を設けて開放感を確保. ポーチ上部の吹抜けは隣棟との導線 + 水回りのプライバシー確保, 中央の光庭は1階玄関と2階回廊部の通風と採光, 2階居間に面したテラスはガラス単管のスリットで視線を押さえつつ, 落ち着いて過ごせる外部空間となっている.