a+u 2020年12月号発売となりました !

箱の家-87[木本邸] 設計: 難波和彦 + 界工作舎
施工: マサキ工務店

住宅特集 2004年5月号 住宅技術最新事情
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2004年5月号

南側には隣家が敷地ギリギリまで建っているため, 道路側となる東側に開くかたちで配置. このため, 夏期の午前中の直射日光をカットし, 道路からの視線を柔らかく遮る目的で, 庇の先端全面にFRPグレーチングのスクリーンが設けられている. プランは, 東側に吹抜けの家族室を置き, 西側に個室群を配列. 1階が夫婦の個室, 2階が子供たちの個室で, 吹抜けを介して家族どうしが緩やかにつながりながらも, 西側に視界の開けたプライベートな領域を確保している. 基礎も含めて完全な外断熱. 屋根は断熱パネルの上に小屋裏を設けて通気層を確保している. 1階床全面には水蓄熱式床暖房 (アクアレイヤー) を敷き込み, コンクリート床スラブに蓄熱させている.