a+u 2020年10月号発売となりました !

福島ロボットテストフィールド 研究棟 設計:山本堀・URリンケージ設計共同体
施工:関場・藤特定建設工事共同企業体

新建築 2020年9月号
撮影 : 新建築社写真部 / 新建築 2020年9月号

無人航空機,災害対応ロボット,自動運転ロボット,水中探査ロボットを主対象に,実際の使用環境を再現しながら研究開発,実証試験,性能評価,操縦訓練を行うことができる実験施設.福島・イノベーションコースト構想に基づき整備された.南相馬市・復興工業団地内の東西約1,000m,南北約500mの敷地内に「無人航空機エリア」,「インフラ点検・災害対応エリア」,「水中・水上ロボットエリア」,「開発基盤エリア」を設けた.