JA 116, Winter 2020発売となりました !

直島パヴィリオン 設計:藤本壮介建築設計事務所
施工:アムロン
Naoshima Pavilion Sou Fujimoto Architects Kagawa, Japan 2015

新建築 2015年7月号 大分県立美術館(OPAM)
撮影 : 新建築社写真部 / 新建築 2015年7月号

直島の玄関口のひとつである宮浦港のターミナルのほど近くに,町制60周年を記念して設計された,ステンレスメッシュによるパヴィリオン.地元の人びとや観光客が気軽に立ち寄り,交流が生まれることを意図している.高さ約6.3m.メッシュは75mmグリッドを2枚ずらして重ね合わせた37.5mmグリッド.パネルの外周に径12mmの丸鋼を取り付け,それを中心として溶接しユニットを製作.さらに現場でユニット同士を溶接した.