a+u 2020年10月号発売となりました !

武川村の家 設計: 中澤光啓 / 中澤建築工房
施工: 分離発注方式

住宅特集 2004年9月号 増改築の振幅
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2004年9月号

築後120年経った木造平屋70坪の古民家の奥座敷2室を残して建物を切断し, 残す部分はなるべく現状維持で整備して, あとは必要な部分を増築する計画. 既存部分と増築部分は構造的に縁を切り, 必要な距離を取り, 渡り廊下とスロープでつながれている. 切断部分の新設壁は幅10m高さ3mの一体パネルとして製作. 増築部分の内部は, 互いに距離をもった4つの部屋と, 家の中心にある広間と水回りからなる. 可動開口部はペアガラス戸と網付格子戸の2本建て片引き戸で, すべて木の隠し框戸となっている.