a+u 2020年11月号発売となりました !

横浜トリエンナーレ2008 設計: 西沢立衛建築設計事務所
施工: 丹青ディスプレイ
Yokohama Triennale2008 Shinko Pier Exhibition Hall Architects: Office of Ryue Nishizawa

新建築 2008年11月号 駿府教会
撮影 : 新建築社写真部 / 新建築 2008年11月号

横浜トリエンナーレ2008のメイン会場, 埠頭に建てられた倉庫の会場構成. 長手が130mの空間に, 入れ子状に合板でつくられた部屋が連続する. 18個のさまざまな大きさの正方形や長方形の部屋は, 厚さ5. 5mmの合板でできた壁を鉄骨で支えたもの. 壁の内側のみ白く塗装している. 各部屋の壁の高さは, 3, 000〜4, 800mmの4種類.
丹青ディスプレイ / 新港ピア会場構成