a+u 2020年10月号発売となりました !

森を捕まえる家 設計: 手塚貴晴 + 手塚由比 / 手塚建築研究所 池田昌弘 / mias
施工: 北野建設

住宅特集 2004年10月号 家を中から変えるもの
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2004年10月号

高さ20mを超える赤松林の中に浮かぶ平屋の別荘. 視線が上がれば上がるほど景色は明るくなるため, 建物は敷地からコンクリートでもち上げられている. 内部にはアトリエと寝室と浴室とリビングダイニング. 建具はほとんどなく, 真ん中コアを取り巻く一筆書きの空間である. 浴室を仕切る扉のみ, 客がきたときに閉められる. 4つの機能は仕切られることなくつながりながらも, 中心のコアによって微妙なプライバシーが保たれている. また, 生活の違いは空間の高さで形づくられている. 天井高はリビングのある北西端が一番高く5m. 寝室は1. 55mと低く押さえられている. 床下にはオンドル式の空調.