a+u 2020年10月号発売となりました !

東西庭の家 設計: 宮森洋一郎建築設計室
施工: 大宝組

住宅特集 2003年5月号 コートハウスの行方
撮影 : 大竹静市郎 / 住宅特集 2003年5月号

敷地面積約1, 000m2という郊外の広い敷地に建つ平屋建ての住宅. 日常の生活ゾーンをコンパクトに納めるため, 東西に庭を配し, 中央に建物を置く配置計画となっている. 東の庭は道路からの視線に配慮して, 高い塀に囲まれた落葉高木4本の庭. 西の庭は計画道路からの視線と西日に配慮して, 常緑樹を多用した芝生の庭. 敷地は東西の長さが約40m弱あり, コンクリート自立壁の上にテラスの深い庇と連続する屋根を浮かせるかたちで載せることにより, 内外の連続性を図っている. 敷地は寒冷地にあるため, ペアガラスを使用し, 屋根に日向石を敷くなど, 断熱にも配慮.