新建築 2020年10月号発売となりました !

木のカタマリに住む 設計:網野禎昭+平成建設一級建築士事務所
施工:平成建築

新建築 2015年11月号 【木造特集】
撮影 : 新建築社写真部 / 新建築 2015年11月号

木材により面を構成することで壁や床,屋根とするマッシブホルツ構法の住宅.木をかたまりとして使うことで,強度,断熱性,蓄熱性,調湿性といった木が持つ総合性を活かす.デットストックと見なされた低市場価値材を用いており,全体で一般住宅の約3倍となる約45m(一般住宅の3倍)の木材を使用している.