住宅特集 2019年11月号発売となりました !

昭和電工(大分県立)武道スポーツセンター 設計:能勢修治+浜橋正+長田純一/石本建築事務所 山田憲明構造設計事務所(木造屋根構造設計)
施工:フジタ・末宗組特定建設工事共同企業体

新建築 2019年10月号 木造特集 Timber
撮影 : 永石写真事務所 / 新建築 2019年10月号

昭和電工ドーム大分(本誌0107)に隣接するスポーツ施設.ハンドボール2面,バスケットボール4面,バレーボール5面,柔道8面,剣道8面を同時開催可能な81×40mの規模のメイン競技場と柔道と剣道が2面同時開催可能な道場を3つ直列に配置した構成の武道場,交流の土間,トレーニング室,貴賓室,更衣室,器具庫などが入る.メイン競技場の架構は大分県産スギの製材を利用.上弦材・下弦材・束材ともに12×24cmのスギ製材をH型鋼のように組み合せて構成した木造トラス梁を2.575mピッチで約40本連続する.武道場の架構は上弦材を12×24cm,下弦材を18×12cm,束材を10.5cm角のスギの角材を組み合せて構成したシンプルな木造トラス梁が1,875mmのピッチで約50本連続する.階高5mの位置にコンクリートスラブを突き出すことによって延焼を防ぎ,すべて木造の屋根架構を実現している.