新建築 2020年6月号発売となりました !

宙地の間 設計:D環境造形システム研究所
施工:伏見建築事務所
Home Between Earth and Sky ──passive House with Sundial Kikuma Watanabe + D-Eds Laboratory Nara, Japan  2015

住宅特集 2016年6月号 「環境住宅」新時代──いかに自然と結びつけるか Environmental Strategy
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2016年6月号

建築家自邸である日時計を内蔵したパッシブソーラーハウス。釣り堀に面した住宅地に建ち、日時計を機能させるため正確に南面している。南側の屋根傾斜は敷地緯度と同じ34. 6度に合わせてあり、室内に落ちる影から時間を計測できる仕組み。