a+u 2020年12月号発売となりました !

下作延K 設計: 都留理子建築設計スタジオ
施工: 関崎工務店

住宅特集 2004年10月号 家を中から変えるもの
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2004年10月号

敷地は20坪弱で, 丘の上に位置する. 北東の鋭角部には大きな樫の木が枝を広げ, 敷地西側には天然の雑木林がある. 平面は, 敷地境界に沿うようにアウトラインを設定しつつ, 樫の植わる北東部分を切り取った結果, 直角をひとつだけもつ不整形な五角形. 1階に事務所と駐車スペース, 2階に寝室と水回りとエントランス, 3階にワンルームのリビングが配され, 3階吹抜け上部には4階のゲストルーム兼書斎のヴォリュームが浮いている. 3階リビング北側には, 水平に力強く広がる木々の枝と, その先の遠景を連続して取り込む, 幅10mの巨大な出窓がある. 4階レベルでは南道路を挟んで建つ2階建て家屋の屋根を飛び越えての眺望が得られるため, 南側に横長の窓が設けられている.