a+u 2020年10月号発売となりました !

ヨール・ハウス二世 設計: 松原忠策
施工: 大栄工務店

住宅特集 2002年1月号 働きながら住む
撮影 : 新建築社写真部 / 住宅特集 2002年1月号

設計者の自邸. 1階は親夫婦の住まい, 2階・3階が子供夫婦世帯の住まいとなっている. 1階は, 室内の床レベルに揃えるかたちでウッドデッキの中庭を設け, これに面してワークルームを配している. ワークルームと中庭間を仕切るL型の折戸は, 全開放できるように今回新たに開発されたもの. 北側RC部の2辺は北側斜線で削られた壁とスラブの隙間をトップライトとしている. 2階・3階を覆う木造の屋根は, いわば船 (ヨール) を逆さにした構造で, 2本のブームでもち上げられたキールとそれにかかる垂木の両方が曲線を描く.