a+u 2020年11月号発売となりました !

第10回開催概要:隈研吾教授最終連続講義 – 工業化社会の後にくるもの 開催日:2020年7月18日17:00〜19:30(聴講方法:オンライン予約制)

プレスリリースより

概要
2020年3月に東京大学教授を退職する隈研吾の最終連続講義「工業化社会の後にくるもの」を2019年4月より合計10回開催します。
各界の第一線で活躍するゲストとともに、隈研吾がこれからの建築のあり方を議論します。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により2020年3月14日の開催を延期しておりました「隈研吾教授最終連続講義 (第10回)」は、引き続き予断を許さない状況を受け、皆様の健康・安全面を第一に考慮した結果、オンライン中継(Zoom)を用いて開催することを決定いたしました。

開催概要
イベント名:隈研吾教授最終連続講義 – 工業化社会の後にくるもの
オンライン開催
聴講方法:オンライン予約制
オンライン登録ページ:https://zoom.us/webinar/register/WN_tv4wlRtwRkCfc3XAVW9dGQ
ウェブサイト:kengokumalecture.wordpress.com
問い合わせ先:info@kengokuma-lecture.net
【使用言語】日本語・英語(同時通訳有)

第10回開催概要
2020年7月18日(土)17:00〜19:30
コンピュテーショナルデザインとクラフト
マリオ・カルポ(建築史家、ロンドン大学バートレット建築スクール教授)
廣瀬通孝(VR研究者、東京大学名誉教授)
隈研吾(建築家、東京大学特別教授)