住宅特集 2019年9月号発売となりました !

『伝統的構法木造建築物の耐震設計マニュアル(仮)』出版記念講演会 日時:2019年6月15日(土)13:30~16:30

概要:
NPO 法人伝統木構造の会は、伝統木造の耐震解析手法を伝える講演会を開きます。
日本各地で地震が頻発して南海トラフの大地震も予想される中、木造建物の耐震解析手法の確立が喫緊の課題です。一方、近年は筋交等の従来の剛構造の他に伝統工法による柔構造の耐震性能が見直され、今後は文化財・古建築の修復や木造の新築で伝統工法の活用が期待されます。
2004年には『伝統構法を生かす木造耐震設計マニュアル』が学芸出版社より出版され、「限界耐力計算」による解析が示されて方向性が定まりました。
今回、この15年間に蓄積された実験結果や完成度を高めた計算理論を盛り込み、実務者が構造計算によって耐震解析ができることを目指した著書が出版されます。
講演会では、著者の鈴木祥之氏・長瀬正氏が、出版の背景・経緯や計算法の概要、更には今後の展望について語ります。

伝統的構法木造建築物の耐震設計マニュアル(仮)
著者:鈴木祥之 他
出版:学芸出版社

日時:2019年6月15日(土)13:30~16:30
場所:新宿区立角筈(つのはず)区民ホール 東京都新宿区西新宿4-33-7

【問合せ】
NPO 法人 伝統木構造の会
〒151-0053 東京都渋谷区代々木 2-36-6
講演会 報道担当 上野潤
Tel 090-3476-7472
E-mail uenojyrn@yahoo.co.jp