JA 116, Winter 2020発売となりました !

クリスト&ガンテンバインによる展覧会・講演会『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』 東京展 2019年3月20日(水)- 3月31日(日)、京都展 4月4日(木)- 4月20日(土)

2019年3月20日(水)より代官山ヒルサイドテラスにてクリスト&ガンテンバインの展覧会が開催。

昨年、日本とスイスの建築の文化交流を促進させるためのプラットフォームを構築すべく、スイスとの関わりの深い建築家 有志6名(石田建太朗/平瀬有人/黒川智之/金野千恵/湯谷紘介/黒川彰)によって設立された一般社団法人日瑞建築文化協会。同協会の第一回目の企画として、クリスト&ガンテンバインによる展覧会・講演会『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』が東京・京都にて開催されます。

詳細は公式サイトをご覧ください。

クリスト&ガンテンバイン
クリスト&ガンテンバインはスイス、バーゼルを拠点とするエマニュエル・クリストとクリストフ・ガンテンバイン率いる新しい世代の建築設計事務所。ともに1998年にスイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校を卒業し、同年バーゼルにクリスト・アンド・ガンテンバインを設立。

彼らのプロジェクトは民間から公共的なものまで、スイス国内だけでなく海外にも及び、バーゼル美術館(2016)やスイス国立博物館(2016)を含め、実現したプロジェクトの多くはコンペティションで選ばれたものである。

第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2012年)や第5回ロッテルダム建築ビエンナーレ(2012年)など様々な展覧会にも参加。また、建築事務所の活動と並行して、彼らは定期的に大学教育にも従事し、都市の建築的タイポロジーを研究している。

受賞歴: レッド・ドット・アワードのベストオブザベスト賞(2016)、若手建築家のためのARアワード(2009年)
書籍: 作品集『2G』No.68(Editorial Gustavo Gili、2014年)、『a+u』535(新建築社、2015年)など

クリスト&ガンテンバイン『The Last Act of Design – スイス建築の表現手法』

開催概要

[東京展] 主催: 一般社団法人 日瑞建築文化協会 + スイス大使館

展覧会 
  会期: 2019年3月20日(水) – 3月31日(日) 会期中無休
  会場: ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8)
  開廊: 11:00 – 19:00
  入場: 無料

講演会1
タイトル: 「ル・コルビュジエの遺産」
   第一部 エマニュエル・クリストによるレクチャー
   第二部 編集者・長田年伸氏との対談 【同時通訳つき】
  日時: 2019年3月17日 (日)14:00–15:30
  会場: 国立西洋美術館 講堂(東京都台東区上野公園7-7)
  定員: 130名
  入場: 『ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代』 展への入場券の提示で聴講券配布

講演会2
タイトル: 「The Last Act of Design」
   第一部 エマニュエル・クリストとクリストフ・ガンテンバインによるレクチャー
   第二部 建築家・長谷川豪氏との対談 【英語のみ、通訳なし】
  日時: 2019年3月19日(火) 18:30 – 21:00
  会場: 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
  定員: 350名
  入場: 後日ウェブサイトにて公開http://js-aa.org

[京都展] 主催: 一般社団法人 日瑞建築文化協会 + 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
        + 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
  協力: スイス大使館
展覧会 
  会期: 2019年4月4日(木) – 20日(土)
  会場: 京都工芸繊維大学 美術工芸資料館(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
  開廊: 10:00-17:00(入館は16:30まで)
  閉廊: 日曜
  入場: 一般200円/大学生150円/高校生以下無料

講演会
タイトル: 「The Last Act of Design」
   エマニュエル・クリストとクリストフ・ガンテンバインによるレクチャー
  日時: 2019年3月22日(金)18:00-20:00
  会場: 京都工芸繊維大学60周年記念館1階記念ホール(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
  定員: 150名
  入場: 無料、申込不要